ブライダルエステの必要性

結婚が決まると早めに始めて起きたい、ブライダルエステですが、いつから通えばよいのでしょう?また、どんな効果があるのかもはっきりしたことが分からないという方もいるでしょう。ブライダルエステは初めてという花嫁のために、ブライダルエステの知識を紹介していこうと思います。知識をつけて綺麗になって、結婚祝いの席などで結婚祝いを貰うときにあっと言わせてやりましょう!

 

ブライダルエステはやったほうがいい?

結婚式は、女性にとって一生に一度の晴れ舞台です。最高に美しくなりたい!という花嫁をサポートするのが、エステティックサロンのブライダルエステです。

 

結婚情報誌「ゼクシィ」結婚トレンド調査2007年版によると、挙式や披露宴を予定している花嫁の、なんと8割以上が何らかの形でプレケアをしているとうデータが出ています。エステティックサロンのアンケートなど、他のデータを見ても、「ブライダルエステはするもの」というのが当たり前のことになってきています。ひと昔前までは、あまり一般的ではなかったのに、なぜ今、ブライダルエステが必要になってきたのでしょうか?

 

今から15年ほど前までは、ホテルでの挙式&披露宴が主流だったので、ホテル内の美容室で顔そりと簡単なケアを受ける形が普通だったのです。しかし、5〜6年ほど前から、レストランや邸宅を借り切って行うパーティなど、ウエディングのスタイルが多様化し始め。自分でドレスをオーダーする人も現れるほど「自分たちらしさ」を大切にする傾向になっており、この様なレストランウエディングや海外挙式を望む花嫁は、「自分で会場やブライダルエステサロンを探し、自分で選ぶ」という自分らしさを出したスタイルに変化しています。

 

これに伴ってウエディングドレスは、肌見せが多いデザインが主流になり、ウエディングドレスのデザインも、トップスは腕や肩などを見せるビスチェタイプやノースリーブに人気が集まっています。このように、結婚式でより肌を露出する機会が多くなってきており、さらにはマーメイドラインやIラインなど、タイトなシルエットのドレスも増えてきていることから、ダイエットも美肌づくりもできる、エステサロンでのブライダルエステが今注目を集めているのです。

通常エステとブライダルエステの違い

ブライダルエステと通常のエステの一番の違いとは何でしょう?通常のエステは、エステティシャンがお客様の要望や悩みをヒアリングした後、イチからメニューを組み立てていくとう方式をとります。そのため価格も内容も期間も、一人一人違っていて、継続してサロンへ通うことを前提としています。

 

しかし、ブライダルエステには「挙式日」というゴールがあるので、挙式前日までに花嫁が希望する目標に近づけるメニューを考えていきます。ウエディングドレスのデザインによっても施術内容が変わるので、初回のカウンセリングが非常に重要になってきます。挙式日とウエディングドレス。この2つに花嫁の希望を加味した後、当日もっとも美しい花嫁になれるよう提案することが重要にないます。

 

ブライダルエステは、期間の長さによって内容と料金が決まっていることがほとんどで、あらかじめ用意されたコースの中から選ぶことができますで、エステ初心者にも安心です。基本的に通常のエステに比べてお得な場合が多いようです。入会金もパックになっているコースなら、挙式後も同じサロンでエステを受けられるので、エステ入門としてはぴったりではないでしょうか。

Valuable information

八重洲口周辺の貸会議室はこちら
http://www.officetokyo.net/

最終更新日:2017/5/19